地域密着365日
 
2018/02/20
松戸市立南部小学校において「タグラグビー教室」を開催しました。
2月8日(木)松戸市立南部小学校において、ラグビー・トップイーストリーグの
ヤクルトレビンズ(ヤクルトラグビー部)選手によるラグビー教室が開催されました。

この教室は、地域活性とスポーツ振興を目的に行われ、児童の健全な育成を支援することを目的に行われています。


当日は、2年生約60名の児童たちがが参加してくれました。
ますはじめに選手代表の南選手から、挨拶と選手紹介をしました。その後、念入りに準備体操をした後に、「手つなぎタグ取り」や「牛、馬ゲーム」で盛り上がりました。


途中の選手のパフォーマンスには児童たちも驚いていました。


児童たちも、ラグビーボールを使ってのパス回しをしたり、キックをしたりして、初めてラグビーボールに触る児童も多く、悪戦苦闘でグランドを駆け回っていました。

そして最後に、クラスごとに選手たちと一緒に記念撮影をしてラグビー教室は終了しました。
終了後は、選手と一緒に給食の時間です。各クラスに選手が分かれての食事です。児童たちは選手たちの食べっぷりに驚いていました。選手たちもおいしく、そして懐かしい給食をいただき、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

千葉県ヤクルト販売鰍ナは、今後もこのようなイベントを実施して、地域のお客さまの「健康づくり」のお手伝いと「関係値づくり」の強化を続けてまいります。

地域密着365日 笑顔でホッ。 地域密着カレンダー ヤクルトで働く ヤクルトスワローズ 自動販売機設置をお考えのお客さま うがい手洗いヤクルト