地域密着365日
 
2018/09/28
千葉県庁において「盲導犬2頭分の育成資金」を贈呈しました。
8月22日(水)千葉県庁において、「千葉県」を通じて「千葉県視覚障害者福祉協会」に盲導犬2頭分の育成資金を贈呈しました。
この取り組みは地域社会活動の一環である「ヤクルト福祉活動」として、平成7年より実施しています。
今年は、5月7日(月)〜6月2日(土)の期間中のヤクルト400・ヤクルト400LTの代金の一部、お客さまからのご寄付、千葉県ヤクルトグループからの協賛金および弊社従事者の募金により贈呈し、合計で37頭分となります。


千葉県下で目の不自由な方はおよそ10,900人おられ、このうち盲導犬を必要とされる方は3,990人余(1級障がいのもっとも重度のかた)もいらっしゃいます。しかしこの方々に対する盲導犬の数は30頭であり、まだまだ不足しているのが現状です。


また、式典の最後には「千葉県視覚障害者福祉協会」より感謝状をいただきました。

千葉県ヤクルト販売鰍ナは、今後も「ヤクルト福祉活動」を継続実施して、目の不自由な方はもとより、地域のお客さまのお役にたてる取り組みを行ってまいります。
地域密着365日 笑顔でホッ。 地域密着カレンダー ヤクルトで働く ヤクルトスワローズ 自動販売機設置をお考えのお客さま うがい手洗いヤクルト